最新記事一覧

きつい薬は避けて

妊婦

主治医に相談を

妊婦になると様々なマイナートラブルが生じますが、よくあるものに便秘があります。妊婦になると、ホルモンバランスの変化から水分をため込みやすくなるうえ、つわりなどで食事バランスが大きく崩れることも多いので、便秘になりやすいのです。妊婦は体重管理も気にしないといけないので、いかにして便秘解消するかは大きな問題でもあります。一般に便秘解消に役立つとされているのは、食物繊維の摂取、水分の摂取、腹筋を刺激する、運動、マッサージなどがあります。つわりが終わっており、食事がある程度とれるようになっていれば、水分と食物繊維を工夫するだけで便秘解消できることも多いでしょう。ですがいつもなら便秘解消するような食事でも、妊婦の時はうまくいかないということもありえます。ホルモンバランスの変化から特に出しにくくなっている可能性があるためです。そのような場合、いつもならば市販の便秘薬を使うという人もいるかもしれませんが、妊婦の場合は自己判断で使用するのは避けてください。なぜかというと一部の便秘薬には子宮を収縮させる効果があるなど、妊婦にはよくないものもあるためです。便秘がひどいという場合は、主治医にまず相談することをお勧めします。妊婦でも飲める低刺激の便秘薬を処方してくれますし、市販のものよりも安価です。また市販薬を購入する場合も、薬剤師に相談してからが良いでしょう。自己判断で運動などを行うと早産のおそれもあるので注意しなければなりません。

Copyright© 2018 女性が多く悩む便秘には便通改善が必要不可欠【取り入れやすいもの】 All Rights Reserved.